サイト名

岡山で、花かつお、削り節を製造している株式会社モリタです。

トップ > 製造工程

花かつお製造工程


①原料入庫
節メーカーより原料が入荷します。
一般生菌数    103以下
耐熱生菌数    300以下
大腸菌群     陰性

②冷蔵保管
冷蔵庫の温度を一定に保つ事で、カビ・雑菌の繁殖を抑えます
温度設定     5℃以下

③原料出庫

④異物除去
節の表面の異物、雑菌等を洗い落とします。
【回転ブラシ】

⑤蒸煮
殺菌をすると同時に削り上がりを良くします。
【蒸煮庫】
温度      100℃±
圧力      1Kg±
時間      15分

⑥遠赤外線焼軟加工
鰹節本来の旨味と香りを引き出します。
【遠赤外線加工機】
温度      340℃±
時間      10分

⑦放冷
節の水分を均一にします。
湿度       70%±
温度       5℃±

⑧削成
原料を自動削り機へ投入します
12機

⑨マグネット
金属片を除去します。
1.2Tr(12000ガウス

⑩計量
自動計量機にて作業のオートメーション化を図っております。

⑪内装袋詰め
⑩同様に作業のオートメーション化を図っております。

⑫ガス充填
窒素ガス充填をします。             
⇒窒素ガスを充填することで、削りぶしの酸化を防ぎ
品質を維持します。
【自動充填機】
置換率     99.5%

⑬金属探知機
金属混入チェックをします。
【金属探知機】
Fe     1.5mmΦ
Sus     2.5mmΦ

⑭外装箱詰め
全てを機械作業に頼らず、シール不良、異物混入の最終確認は
目視にてチェックをします。

⑮梱包

⑯製品保管
品質保持の為、一定温度にて保管します。
常温       25℃以下

⑰出荷

商品リスト

ページのトップへ戻る